leer
powered by Joomla! logo
BATJ Header1 LogoBATJ Header2 flowerBATJ Header3 Big BenBATJ Header4 River CamBATJ Header5 Piccadilly CircusBATJ Header6 Japanese Textbooks
Erfurt live Header8
Japanese(JP)English (United Kingdom)
Erfurt live Header10 Erfurt live leer0
勉強会 (SIGs)
SIGガイドライン

SIGガイドライン

 
輪読会

活動の概要:

言語教育理念、日本語教育、教授法など、私たち日本語教師に役に立つ様々な書物がありますが、日々、授業準備やら事務処理に追われ、一人で読み通しきれずにいつのまにか「積読」になってしまうことってありませんか。仲間と定期的に集い、励ましあいながら、興味のあることへの理解をより深めていけるような学習機会を設けました。 選択した本を定期的に読み、わからないところなどを話し合いながら勉強する会です。現在数冊の著書を念頭に数名の有志と毎週 (あるいは隔週) 1回の頻度で、1時間のオンライン輪読会を進めています。 現時点 (2020年12月) では、原則、学期期間中の毎週月曜日に13.00-14.00 (1時間)、Zoom会議にて集まります。二冊目は『CEFR-CV(2020) 英語版』です。輪読を通して「理念の理解を深め、実践に生かす」ことができるよう願っています。

過去に読んだ書籍:

- 『日本語教師のためのCEFR』(2016) 奥村・櫻井・鈴木 編 くろしお出版

代表者及び連絡先:

ベイリー芽生 E-mail: megumi.bailey @ york.ac.uk

過去の活動報告→こちらから

 
CEFR-JF Standard 研究会

活動の概要:

CEFR-JF Standard研究会ではヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)とJF日本語教育スタンダードを基に、毎回、トピックを限定して、様々な機関や、個人で日本語教育に携わっている会員が集まり、活発な意見交換を行います。各機関などのコース概要を持ち寄っての情報共有や、仲介能力や複言語主義・複文化主義などについてのディスカッション、クラス活動、アセスメント、異文化コミュニケーションなどについての意見交換を通して、お互いを高め合い、日本語教育とCEFR及びJF Standardについて、共に考えていきます。

代表者及び連絡先:

古川彰子
E-mail: af15 @ soas.ac.uk

過去の活動報告→こちらから

 
Communicating in Japanese (CinJ) 勉強会

活動の概要:

Communicating in Japanese (CinJ)は、動画とインタラクティブ・タスクで構成されています。このITオリジナル教材は、日本語能力テスト2級を目指す学習者に適していて、各章の中核をなす動画は、20代の若者4人(比呂子、五郎、明子、マイケル)が登場する12のエピソードから成り、テーマは多様で、就職活動、京都旅行、送別会などに及んでいます。初回はRegent Collegeで開催され、翌年からイングランド北部SIG勉強会として、ニューカスル大学、ダラム大学、ヨークセントジョン大学を会場として実施され、教材の活用方法に関しての活発な意見交換がなされています。

代表者及び連絡先:

ソレンセン和子
E-mail: kazuko.sorensen @ googlemail.com

CinJ全12章のストーリーの概要及び、各章のねらい・アクティビティーはこちらから

CinJ 各章の動画を視聴なさりたい方、聞き取りタスク、関連タスクをご覧になりたい方はこちらから

過去の活動報告→こちらから

 
<< 最初 < 1 2 > 最後 >>

JPAGE_CURRENT_OF_TOTAL
Erfurt live leer
Erfurt live unten Erfurt live leer Erfurt live unten

© The British Association for Teaching Japanese as a Foreign Language - BATJ