leer
powered by Joomla! logo
BATJ Header1 LogoBATJ Header2 flowerBATJ Header3 Big BenBATJ Header4 River CamBATJ Header5 Piccadilly CircusBATJ Header6 Japanese Textbooks
Erfurt live Header8
Japanese(JP)English (United Kingdom)
Erfurt live Header10 Erfurt live leer0
第20回BATJ年次大会 暫定プログラム

<暫定プログラム> PDF

1日目

8月25日 (金) @ De Gray Court, York St John University

時間 会場
11:00-12:00

Foyer

受付
12:00-12:20

Lecture Theatre (DG017)

開会式
12:20-13:50 Lecture Theatre (DG017)

基調講演
野田尚史先生 (国立国語研究所) <要旨>
『学習者は現実の日本語をどのように聞き取っているか?』

13:50-14:15 Foyer 休憩 (+お茶)
14:20-14:50 Lecture Theatre (DG017) 発表 1 - 研究発表
村田晶子 (法政大学) <要旨>
『日本留学における体験の言語化プロジェクトの分析』
14:55-15:25 Lecture Theatre (DG017) 発表 2 - 研究発表
東條和 (桜美林大学) <要旨>
『申し出を表す「ますか」と「ましょうか」の考察』
15:30-16:00 Lecture Theatre (DG017)

SIG発表
Communicating in Japanese (CinJ)
形式体言学習会

16:00-16:10
休憩
16:10-17:10 Lecture Theatre (DG017)

招待講演
アレッサンドロ・ベナーティ先生 (ポーツマス大学、ヨーク・セント・ジョン大学) <要旨>
'Processing Instruction and the acquisition of Japanese'

17:15-18:45 Foyer レセプション
19:30-
夕食会(希望者のみ)

2日目

8月26日 (土)

 

時間 会場
09:00-09:20 Foyer 受付
09:30-10:30 Lecture Theatre (DG017) BATJ年次総会
10:30-10:45 休憩
10:45-11:15 Lecture Theatre (DG017)

発表3 - 実践・調査報告発表
ロディス希代 (カーディフ大学) <要旨
『初級日本語クラスにおける効果的な発音指導の試み-発見・気づき・身体の動きを通して学ぶ-』

11:20-12:20

BATJフォーラム

Bridge 1:初級レベルにおける作文指導
会場:DG019
ディスカッション・リーダー:カートリッジ文香 (ニューカッスル大学)
発表者:
東地井祐子
戸祭哲子 (イースト・アングリア大学)
ケルビー咲野 (エディンバラ大学)
ロディス希代 (カーディフ大学)

Bridge 2:中上級レベルにおける作文指導
会場:DG017
ディスカッション・リーダー:宮入智子 (ハル大学)

発表者:
永井三幸 (シェフィールド大学)
梅澤 薫 (イースト・アングリア大学)
田中和美

12:20-13:20 Foyer

昼食

13:20-14:20

ポスター発表

ソレンセン和子、井上三樹子 (マンチェスター大学) <要旨>
『教室の中と外を行き来するマルチメディア教材』

百濟正和 (カーディフ大学) <要旨>
『日本学モジュールにおける内容言語統合型アプローチ-カーディフ大学日本研究プログラムにおける実践報告-』

高橋薫 (早稲田大学) <要旨>
『ARCSモデルに基づくAcademic Japaneseの実践報告―レベル差のある中上級日本語学習者を対象とした試み―』

藤野華子 (オックスフォード・ブルックス大学)、萩原順子 (オックスフォード大学)、西澤芳織 (オックスフォード大学)、森本一樹 (リーズ大学)、大枝由佳 (リーズ大学) <要旨>
『英国における日本語教育の再考 異文化理解をめぐる学習者及び日本語教師の意識調査から』

ロー・ジェーン (ヨーク・セント・ジョン大学) <要旨>
『教科書の中の日本:現実か。それとも、虚像か。
Genki シリーズの研究』

由井紀久子 (京都外国語大学) <要旨>
『日本語で描写するプロフィシェンシーの向上を目指した授業実践報告』

14:20-14:50 (+お茶休憩)

14:50-16:05


ワークショップ
野田尚史先生 (国立国語研究所) <要旨>
『現実の日本語を聞きとるための教材作成』

16:05-16:15
閉会式

 

11:00-12:00

Registration + Lunch

12:00-12:20

Opening Ceremony

12:20-13:50

Keynote Speech
Professor Junko Mori (University of Wisconsin-Madison, USA)
‘Conversation Analytic Approaches to Second Language Acquisition Research and Japanese Language Education’

13:50-14:00

Break

14:00-14:30

Presentation 1 - Research

Kazuki Morimoto (University of Leeds)

‘Use of Collocations in English-Japanese Translation made by Intermediate-Pre-Advanced’

14:35-15:05

Presentation 2 - Research

Nami Matsuura (SOAS, University of London)

‘Overuse of Honorifics - Comparison of Advanced L2 Japanese Learners and Native Speakers’

15:05-15:30

Tea Break

15:30-16:00

Presentation 3 – Practical Report

Marina Sereda-Linley (Luton Sixth Form College)

‘Creating Differentiated Lessons: An Example from a Japanese Beginners Course’

16:05-16:35

Presentation 4 - Research

Noriko Uosaki (Osaka University)

‘Seamless L2 Learning Environment Using Learning Log System with E-book’

16:35-16:45

Break

16:45-17:45

BATJ Forum

18:00-19:00

Drink Reception

19:30-

The Library Restaurant

Dinner (Optional)

 
Erfurt live leer
Erfurt live unten Erfurt live leer Erfurt live unten

© The British Association for Teaching Japanese as a Foreign Language - BATJ