leer
powered by Joomla! logo
BATJ Header1 LogoBATJ Header2 flowerBATJ Header3 Big BenBATJ Header4 River CamBATJ Header5 Piccadilly CircusBATJ Header6 Japanese Textbooks
Erfurt live Header8
Japanese(JP)English (United Kingdom)
Erfurt live Header10 Erfurt live leer0
Erfurt live leer
最近更新された記事
Erfurt live leer
閲覧回数の多い記事
Erfurt live leer
Erfurt live leer
英国日本語教育学会 - BATJ
April 2019 JF/BATJ Spring Seminar Participatory Approaches and Drama for Learning

Date: Saturday 27 April     10:30-17:30
Venue: Room G3, SOAS, University of London
Workshop Leader: Kumiko Uehara (The Japanese-German Centre Berlin)
Facilitator: Yuko Fujimitsu (Japan Foundation, London, BATJ Member)
Presenters:
The 2017 and 2018 cohort of the Training Programme for Japanese Language Education in Europe (voluntary speakers)
Hiroko Tanaka (Japan Foundation, London, BATJ Member)
Miho Tokimoto (Sapienza Universita di Roma)
Kaori Nishizawa (University of Oxford, BATJ member)
Sawako Nemoto (L’Association Franco-Japonaise Paris-Sud, Cours de Japonaise)
Nozomi Yamaguchi (University of Manchester, BATJ member)

- Provisional Programme
- Online registration and Payment
- How to get to SOAS, University of London

*This is a hybrid seminar. You can participate either in-person or online.

Fee:

In-person Participation (40 seats) Online Participation
BATJ members Non-BATJ members

BATJ members
and
The 2017 & 2018 Cohort of the Training Programme for Japanese Language Education in Europe only

Early-bird 
By Wed 10 April
Standard 
From Thur 11 April
Early-bird 
By Wed 10 April
Standard 
From Thur 11 April
£15 £25 £25 £35 £10
  • PayPal administration fee is included in the above fee.
  • Lunch is NOT included. Please bring your own lunch or use eateries nearby.
  • Seminar fees for BATJ members can be applied for by anyone who has paid the 2018–19 annual membership fee by the time of registration. For information on annual membership, please see our website.
  • The deadline for cancellation and booking alternation is Wednesday 10th April. After this date, no refund is possible.
 
第14回大学生のためのスピーチコンテストー結果発表ー

日時: 2019年3月2日 (土) 13:00-19:00
会場: グレート・ホール, キングス・カレッジ・ロンドン

スピーチ部門

優勝
シェリー・チン (ロンドン大学SOAS 2年生)
「アイドル文化の夢と闇 ファンダムによって形作られていく若者の価値観」

準優勝
アレクサンダー・サッカー (シェフィールド大学4年生)
「日本の皇室はこれからどうあるべきか:ある提案」

第3位
カラム・サラッシノ (エディンバラ大学4年生)
「『聲の形』:漫画にある社会問題を乗り越える力」

上位入賞 (アルファベット順)
アダオラ・キング (ロンドン大学SOAS 4年生)
アンドリュー・キング (ダラム大学2年生)

個人プレゼンテーション部門

優勝
カロリナ・ヤンキェヴィチ (インペリアル・カレッジ・ロンドン4年生)
「30年の変化: 1989年以降のポーランド」

準優勝
ジンフイ・テー (インペリアル・カレッジ・ロンドン4年生)
「マレーシアの民族の多様性と調和」

上位入賞 (アルファベット順)
モーガン・クリフ (ニューカッスル大学2年生)
ジュリア・フォーラン (オックスフォード大学1年生)
キャスリン・アン・オニール (エディンバラ大学1年生)

グループ・プレゼンテーション部門

たこ焼き (ブリストル大学)
「外国の料理」
Lucas Dale (Computer Science), Max Whale (Computer Science), Shuye Liu (Computer Science) and Janie Tey (Computer Science)

メロンパン (オックスフォード大学)
「私たちの履歴と 東ヨーロッパの文化」
Adela Bulumac (Oriental Studies) and Katherine Kessler (Oriental Studies)

クケリ (シェフィールド大学)
「イギリスは変ですね!」
Vesela Georgieva (Japanese Studies), Rachel Crossley (Japanese Studies with Russian), Adam Bannister (Japanese Studies) and Kezzia Dennis (Japanese Studies)

あれ? (ロンドン大学SOAS)
「メルティング・ポット:これはわたし達の国の料理?」
Lingyi Liu (MA in History of Art and Archaeology in East Asia and Intensive Language: Japanese), Anustup Garai (MA History and Intensive Language: Japanese) and Zachery Grayling (BA Japanese)

ザーネッシーズ (エディンバラ大学)
「ロックネスモンスター」
Francesca Lutje-Wilkes (Japanese), Lily Darvey (Japanese) and Olivia Scuplak (Japanese)

身長差20センチの二人 (インペリアル・カレッジ・ロンドン)
「中国のダブルイレブン」
Jiaying Zhuang (Chemistry with Research Abroad) and Kailum Peng (Mathematics with Statistics)

ダウンロード:

- 決勝大会プログラム

An official event of:
beyond2020JapanUK

In collaboration with:
KCL

Supported by:
14thSpC_sponsors


 
第22回英国日本語教育学会年次大会
日時: 2019年9月5日 (木)、6日(金)
会場: ニューカッスル大学
基調講演: 佐藤慎司先生 (プリンストン大学)
招待講演: Professor Sugata Mitra (ニューカッスル大学)

● 宿泊案内

 
Erfurt live leer
Erfurt live unten Erfurt live leer Erfurt live unten

© The British Association for Teaching Japanese as a Foreign Language - BATJ